ソフトSMで導く集中力の強化とは

photo-012

ソフトSMと聞いてどんなイメージがわきますか?

縄で縛ったり、目隠ししたり、フェザータッチされたり、言葉責めされたり…

よくわかんないけど、なんか怖いけど、ちょっと興味あるという人もいれば、
自分がされている姿を想像して、ぞくっとなったり、少しでもざわざわしてくる人もいるでしょう。

私はアイマスクを女性の方に付けてもらっているのですが、希望される方にはプラスして縄で軽く縛るということもしています。

本格的なSMではなくあくまでソフトなものが中心です。

ソフトSMは集中の強化に利用しています。中イキするためは・気持ちよくなるためには、集中力を増して頭の中を気持ちいいで満たしてあげる必要があります。言ってしまえば、おしっこいい漏らしてもいいほどに心を解放してアホにならないといけません

縄というのは不思議なもので、縄で拘束されている状態を客観視することで、今までとは別な空間にいるような気にさせてくれる効果があります。紐でもネクタイでもなければ縄なのです。

拘束されることによって「入る」というトランス状態になり、ぐっと感じやすくなる方もいます。

いろんなご依頼があります

実は、ご依頼いただく方の中には、苛めてほしい、言葉責めしてほしい、無茶苦茶にしてほしい、さらには首絞めなどが好きな方もいらっしゃいます。

ただ、男性が勘違いしやすいのは、SM行為を好む女性は誰にされても同じと思っているところです。どんな行為にでも意味があってそれを理解していないと、単なる意地悪や暴力になってしまいます。

ですので、最初は普通にご依頼いただくのですが、ヒアリングしていくうちに、「実はこんな願望があるんです。。。。ひかないでくださいね。。。」とカミングアウトしてくれます。普通の人だと受け入れてもらないし、勘違いされるという意識からだと思います。

性癖という言葉はアブノーマルなイメージがクローズアップされていると思います。ただ、私からするとセックスに集中するための快感を得るための入口でありルートなだけだと考えますし、言ってもらえたことに感謝してご要望に応えたいなあとテンションがあがります。

気持ちよさを自分の中で探ってどんどん変態になっていきましょう。そうするとイクにもつながりますし、その先の気持ち良さも見つかると思います。

Review

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする